アメリカの消費者はどこで買う?スキンケアやコスメの購入場所とは

こんにちは、Cosme Huntチームです!


みなさんは化粧品を購入する時に、どんな場所を利用しますか?
専門店だけでなく、デパートやドラッグストア、そしてオンラインショップなど多くの選択肢があることがわかります。
今回はアメリカ人が、スキンケアアイテムやコスメを買う場所について紹介します!

 

目次:

1.店頭へ足を運び、実際に商品を確認して購入

2.成長しているオンラインストア

3.消費者目線でトレンドをチェックできるコスメハントならではの体制

 

1.店頭へ足を運び、実際に商品を確認して購入

一つ目はやはり、実際の店舗での購入です。特にアメリカで人気が高いのがコスメ専門店。有名なお店に「Sephora(セフォラ)」や「Ulta Beauty(アルタビューティー)」があります。

セフォラは1970年にフランスで設立されていて、日本にも一時期進出していました。今は残念ながら日本からは撤退していますが、名前に馴染みがある人も多いのではないでしょうか。世界35カ国で2,700以上の店舗を持ち、アメリカ国内だけでも500以上の店舗を展開しています。アルタビューティーは比較的最近登場したお店ですが、アメリカ国内になんと1,300以上の店舗を展開しています。中でもカリフォルニア州では全体の1割を超える163店舗が展開されています。アルタビューティーもセフォラと同じように多くのブランドを取り扱っています。

どちらも共通点は取り扱うブランドの幅が広く、商品が豊富だということ。プチプラブランドから、いわゆるデパコスまですべて揃っています。店内を歩いていると、クリーンビューティーが大きく打ち出されていたりと、最新トレンドを見つける事もでき、美容オタクには嬉しい場所と言えるでしょう。


2.成長しているオンラインストア

 

そして成長が顕著なのがオンラインストアです。2020年の化粧品やパーソナルケアを含む美容市場のオンラインでの収益は320億ドルにもなり、これはこの年のオンライン市場全体の7.4%を占めています。

次はこのオンライン市場をより細かく見ていきましょう。最も売上が高いのは、アメリカを拠点に世界にも展開しているボディケア用品を販売している「‎Bath & Body Works」のオンラインストア「Bathandbodyworks.com」で、その収益は19億2,900万ドル。さらにセフォラのオンラインストア「Sephora.com」が17億7,000万ドル、アルタビューティーのオンラインストア「Ulta.com」が17億6100万ドルと続いています。

2020年以降はコロナ禍の影響もあり、オンラインストアでの購入が浸透していると推測できます。実際には手に取れない商品を消費者はどのように選んでいるのでしょうか。この意思決定プロセスの大きな要因は、ソーシャルメディアにあると言われています。

店頭にいる美容部員(BA)に直接コスメや美容の情報やアドバイスを教えてもらわなくても、ソーシャルメディアを通じて最新トレンドを得ることができます。インフルエンサーや美容に関心のある一般人がInstagramやTikTokにレビューを投稿していたり、商品の比較記事も簡単に見つけられるようになりました。そのため消費者は、自分の持つスマートフォンから簡単に情報収集が可能です。

ブランド側も認知や商品理解を高めるため、オンライン上のプラットフォームの整備に力を入れています。例えば、Instagramのショッピング機能を活用しオンラインストアへ誘導したり、定期的にフォロワーにメリットのあるキャンペーンを実施したりすることで、消費者との信頼関係を構築するほか利便性を高めています。

参考情報:
statista  “Top online stores in the Beauty segment in the U.S. in 2020, by e-commerce net sales”
https://www.statista.com/forecasts/1081154/top-online-stores-beauty-united-states-ecommercedb
statista  “Beauty and personal care e-commerce in the United States - statistics & facts”
https://www.statista.com/topics/2381/beauty-and-personal-care-ecommerce/

 

3.消費者目線でトレンドをチェックできるコスメハントならではの体制

アメリカ現地にスタッフがいるコスメハントでは、最新トレンドをいち早く把握できます。オンラインストア市場が伸びている一方で、やはり実際に商品を手にできるリアル店舗の重要性も見過ごせません。コスメハントが持つコミュニティには、ソーシャルメディアを活用している10万人が所属しているので実際のトレンドや有効的なアプローチなどより具体的に分析することも可能。実際にオンラインイベントを実施し、多くの美容好きの人へ商品のアプローチを行った事例もあります。ブランドや製品に合わせた市場調査からプローモーションなど多くのお手伝いが可能なので、興味がある方は、まずはお気軽にご相談ください!


■Cosme Huntについて 

Cosme Huntは “世界中の人が、自分に自信を持って輝ける社会” の実現を目指して、たくさんの素晴らしい ”J-Beauty” を多様な悩みを持つ人々へ届けるため、自社ECサイト運営と海外進出コンサルティング・広告サービスの2軸で包括的にJ-Beautyの海外進出をサポートしています。

■お問い合わせ先

会社名:Cosme Hunt Japan株式会社
URL:http://cosmehunt.jp/
営業担当窓口 e-mail:brand@cosmehunt.com