成長するアメリカのメンズビューティー 市場が拡大した背景と現地のトレンド

こんにちは、Cosme Huntチームです!

日本でもメンズコスメや男女問わず使用できるジェンダーレスコスメが注目されていますが、アメリカではどうなのでしょうか? 

そこで今回は、アメリカでのメンズビューティーについて紹介します!

 

目次:

1.拡大するメンズビューティーの市場とその背景

2.男性向けと女性向けの違いとは

3.コスメハントでは実際に現地の声をお届けできます!

 

1.拡大するメンズビューティーの市場とその背景

元サッカー選手のデビット・ベッカムはヴィクトリア・ベッカムと出会い、自分の見た目やスタイルに関心を持つようになったという話は有名です。紫外線対策も怠らず、日焼け止めを日常的に使用するのはシミやシワを防ぎたいからだそう。ほかにもブラッド・ピットやライアン・レイノルズといった俳優たちも毎日のスキンケアについて公表しています。こういったセレブリティたちの影響で、アメリカでは男性の間でもスキンケアが広まっていると考えられます。

実際にアメリカ最大の薬局チェーンであるCVSでは2019年に、男性向けのスキンケアやコスメを扱うStryxというブランドを店舗数の4分の1にあたる2,000店舗で展開し始めました。これはメンズビューティー市場への期待の表れと言えるでしょう。

またスキンケア市場の延長線上に、メンズコスメへの関心の高さを見つけることができます。2020年9月にアメリカで行われた調査によると、45歳未満のアメリカ人男性の約3分の1がメイクに挑戦することを考えていると回答しています。男性向けのスキンケア市場は2020年ですでに93億ドルにも上っており、スキンケアの延長線でコスメ市場も盛り上がっています。例えば、肌を整える一環で、スキンケアの後にBBクリームを塗ったり、色がついている日焼け止めを選んだりするという流れをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

サンフランシスコに拠点を置くマーケット会社OctaneAIの共同設立者であるベン・パーは「男性向けの化粧品市場は成長産業である」と断言していました。またメンズビューティーの成長にはカルチャーも影響しているという見方もあります。

それを象徴するのが韓国のアイドルグループBTSです。2020年にはグラミー賞にもノミネートされたBTSは楽曲やパフォーマスだけでなく、ビジュアル面においても人気を集めています。BTSが持っているのは、アメリカ人男性が認識する「男らしさ」とは違う魅力。中性的なスタイルや美しさがアメリカ人男性に選択肢を与えたのかもしれません。


参考情報:
Business Mirror “Men’s makeup goes mainstream in the US” 
https://businessmirror.com.ph/2020/07/06/mens-makeup-goes-mainstream-in-the-us/

 

2.男性向けと女性向けの違いとは

デパートやドラッグストアに足を運ぶと「for men」と表記されたアイテムを多く見つけることができます。

人によっては男性向けの商品を使わなくても、パートナーや家族が使っている女性向けの化粧品でもいいんじゃないか・・・と思うかもしれませんが、男性には男性に合ったケアがあります。男性は男性ホルモンによって皮脂分泌が多く、ニキビができやすくなる場合もあります。一方の女性ホルモンは肌の水分量を増やしてくれますが、メラニン生成を促進する作用もありシミができやすいという研究もあります。こういったホルモンのバランスによって、肌質が違うため、男性は男性向けの化粧品を使うことが適切と考えられています。

それでは代表的なメンズビューティーブランドを紹介しましょう。まずはアメリカ国内のブランドです。

Hims
2017年に立ち上げられたブランドです。その名前の通り、男性のためのブランドで、スキンケアだけでなく脱毛症など男性の悩みに向き合った製品を発売しています。大きな特徴が悩みの相談やアドバイス、そして処方の提案までがワンストップで行えるサービスです。オンライン上で自分の悩みを相談でき、自分にあった商品を購入できます。

SELF/ISH
男性が男性のために開発したスキンケアブランドです。男性にとって効果的なスキンケアを提供し、健康的なライフスタイルを選択できるようにしたい、というコンセプト通り、ニキビケアに特化したスクラブやオイルフリーの化粧水、敏感肌に向けたシェービングクリームなど、男性ならではの商品が揃っています。

日本ブランドでもメンズビューティーに特化した個性的なブランドが次々と登場しています。

KHAKI
アウトドア好きの男性をターゲットにしているスキンケアブランドです。キャンプやゴルフ、山登り、サーフィンなど趣味を楽しむ時も、紫外線や外気の刺激から肌を守るのは大切。ラインナップにはオールインワンローションなどもあり、スキンケアの習慣がなかった男性にとっても挑戦しやすいのが特徴です。

BOTCHAN
男らしさという型にはまらず、自由に個性を楽しむことをコンセプトに生まれたブランドです。スキンケアだけでなく、アイブロウマスカラやネイルケアもラインナップされています。

ZIGEN
サステナブルな視点からメンズビューティーを提案しているブランドです。スキンケアや、スカルプケアさらにはメイクアップまで幅広い商品を見つけることができます。


参考情報:
TOWN&COUNTRY “The Most Effective Skincare Products for Men” 
https://www.townandcountrymag.com/style/beauty-products/g34044093/best-skin-care-products-for-men/

 

3.コスメハントでは実際に現地の声をお届けできます!

日本とアメリカに拠点を持っているコスメハントは、トレンド情報だけでなく、どういったニーズがあるのかも具体的にお伝えできます。日本とアメリカの違いだけではなく、どういったアプローチで適切なターゲットに届けるのかなど一緒に考えていきましょう! もちろんアメリカ進出を考えているが、その前に自社の商品にどんな反応があるのか確認したい、というご要望もあり、ブランドに合わせたお手伝いが可能です。興味がある方は、まずはお気軽にご相談ください!


■Cosme Huntについて 

Cosme Huntは “世界中の人が、自分に自信を持って輝ける社会” の実現を目指して、たくさんの素晴らしい ”J-Beauty” を多様な悩みを持つ人々へ届けるため、自社ECサイト運営と海外進出コンサルティング・広告サービスの2軸で包括的にJ-Beautyの海外進出をサポートしています。 


■お問い合わせ先 

会社名:Cosme Hunt Japan株式会社 
URL:http://cosmehunt.jp/ 
営業担当窓口 e-mail:brand@cosmehunt.com

 

■この記事の著者